住宅ローン借り換えセンター

スポンサードリンク

離婚・住宅ローン対策センター 離婚後の住宅ローンのお悩み解決

 

離婚・住宅ローン対策センターは?住宅ローン診断士が対応、?全国対応、?コンプライアンス体制、?豊富な経験やデータ、?自己資金なし、といった強みがあります。安心してお任せ下さい。

離婚・住宅ローン対策センター

 

離婚後の住宅ローンのお悩み解決

 

離婚・住宅ローン対策センターの見所

 

離婚した後も、売らずに居宅に暮らし続けたい方

 

貸し出しも不動産もいずれも名義を1本化

 

全国応対可

 

電話、メール、配送で完結(我社への面談、来社無用)

 

住宅ローン借り換えのエキスパート(住宅ローン見立て士)が応対

 

関東財務局登録の正規貸金業代理店(コンプライアンスシステム完備)

 

お勧めしたい方

 

【離婚吟味中・離婚協議中】

 

30代〜40代の女、家族共働き、子持ち(引き取る)で離婚後も住宅にデフォルト暮らし続ける。

 

【離婚済み】

 

離婚後もデフォルト娘と家屋に住んでいるが貸し出しや不動産名義は夫のまま。

 

自身名義に変更したい

 

≪他にの事例≫

 

(夫側のモヤモヤ)

 

離婚協議書では住宅ローンも居宅も妻が負担する約束だったが、 

 

名義手直しできずデフォルトになっているので変更して望む。

 

(妻側の問題)

 

離婚協議書では住宅は財産分与で妻のもの、クレジットは夫が養育費代わりに払う、 

 

となっているが不安なので全部自身名義に変更しておきたい(クレジットは引き続き夫が払う)

 

※不動産名義だけを変更してしまうと貸し出し契約に違反するので不動産名義もデフォルト

 

おススメの理由

 

クレジット1本化(借り換え)で離婚後も我が家を売らずに暮らし続ける事が可能なテクニックをご助言します。

 

離婚で籍は抜けても、クレジットの義務は抜けません。

 

離婚時に住宅ローンの名義を変更しておかないと、後からトラブルになります。

 

メッセージ

 

(市場スケール)

 

離婚は年間で約20万世帯でほぼ横ばいです。

 

(背景)

 

女性の社会進出

 

(地位向上)

 

就業率の向上などにより、夫妻共働き世帯が増加してます。

 

持ち家を買い物する場合、女子もクレジットに参加する機会が増大し、名義も家族共有が自然となっています。

 

ハウスメーカーの立場は、購買予算を高くしたがります。

 

そうなると家族の年収を合算した方が予算が大きく取れる為、連帯債務をお薦めします。

 

金融組織も同じくで、夫妻年収合算の方が査定が通りやすいのでイチ押しします。

 

こういった背景もあり、住宅ローンの名義や不動産名義は夫妻の共有になる事例が多々あるです。

 

離婚・住宅ローン対策センターフリー折衝実施中!

 

離婚後の住宅ローンのお面倒決着いたします!

 

現在直ちにフリー所見へ

 

離婚後に!

 

引越すがクレジット名義が残る

 

貸付金が残るため売れない

 

サポート人をはずしてくれない

 

相手がクレジットを払うか心もとない

 

我が家は自らが買い取りたい

 

 

離婚・住宅ローン対策センターのフリー話し合いが選ばれる5つの訳!

 

住宅ローン見立て士が応対

 

日本住宅ローン所見士協会が認定した住宅ローンの 専門資格です。

 

離婚が絡んだ住宅ローンの借り換えは、銀行側でも 特例扱いであり、敷居が高い時になります。

 

従って離婚・住宅ローン対策センターに所属する住宅ローン見立て士のなかでも、

 

最も・経験・知識・実績があるトッププレイヤーが専任で扱ってします。

 

住宅ローン見立て士が扱って

 

離婚・住宅ローン対策センターは、住宅ローン借り換えセンター(JMPパートナーズ)所属のスタッフが
運営しています。

 

住宅ローン借り換えセンターのFC 店は全国主要都市にあります。

 

しかし、離婚案件は敷居が高いため、原則、本部所 属のプロフェッショナルが専任で担当します。

 

  ※遠く離れた場所地であっても、電話やメールにて丹念に応対しますのでご心配無用ください。

 

コンプライアンスシステム 

 

離婚・住宅ローン対策センターはJMPパートナーズが 用意するサービスです。

 

貸付金のコンサルティング (仲介・媒介業務)を行うには、金融庁管轄である貸金業登録が必須です。

 

JMPパートナーズは、 関東財務局に貸金業登録をしている株式会社トービルの貸金業代理店(正規エキスパート)

 

であり、個人情報管理や コンプライアンスシステムが整備されております。

 

国家資格である「貸金業務取扱主任者」も社内に据え付けし、管理監督システムが整っております。

 

 ※無登録専門家にご配慮下さい(FPであっても、貸金業登録がなければ違法エキスパートです)。

 

豊富な経験やデータ 

 

離婚・住宅ローン対策センターは、定期的、数多くのハウスクレジットの所見を行っています。

 

豊富な経験やデータの 裏付がありますので、簡単ではないケースでも扱ってできます。

 

住宅ローン所見はフリーです。

 

所見の結果を見て、ご注文を頂いた時のみ総額がかかる仕組みです。

 

自己元金なし

 

住宅ローンの借り換えは数十万円のコストがかかります。

 

離婚・住宅ローン対策センターにご注文頂いた時、別途、経費がかかります。

 

これらの総額は、一通り諸費 用貸付金として上乗せする事で、自己元金なしで手続きができます。

 

 ※この扱ってができるな銀行を選り抜く必須がありますので予めご了承ください。

 

その上、成功インセンティブでクレジットが成立しなければ、全部経費はいただきません。

 

離婚・住宅ローン対策センターはエキスパートに話し合いするのがクレバーな選択です!

 

離婚・住宅ローン対策センター    

 

運営企業名:株式会社JMPパートナーズ  

 

企業所在地:東京都港区赤坂二丁目16番5号BS赤坂ビル2階 

 

離婚・住宅ローン対策センターフリー話し合いのお申請はこちら↓

 

公式サイト離婚・住宅ローン対策センターで離婚後の住宅ローンのお悩み解決いたします。

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク

PR